RECRUIT

採用情報

我々のプロダクトがあるから、明日も頑張れるとユーザーに思ってもらえたら最高です。

マネージャー菊池司

菊池司

菊池司

大学:岩手県立大学 ソフトウェア情報学部卒業
2003年4月入社/cyzenの開発を統括。入社後、官公庁向け通信システム、大手コンビニエンスストアの本部システム、プロスポーツリーグ向け観戦記録システム等の構築に従事。その後、複数の社内サービス開発を経て、cyzenの開発マネージャー。

redfoxはやりたいことがとことんできる環境。

redfoxで働く最大の魅力は、自分が自由にやりたいことがとことんできる環境があることです。新たなチャレンジをしてプロダクトを作り、その結果をみて、ひたすら考えて突き詰めて仕事ができるところが最大の魅力ですね。
仕事をする上での私のこだわりは、お客様のニーズ・要望を受け入れ、取り込みながらプロダクトを作ること。我々はB2Bのビジネスなので、お客様のニーズは個々、個別で様々なものがあり、一つ一つに対応していくことは難しいし制約も多いですが、私はお客様のニーズに応えていきます。全体最適化の観点から、個々のニーズを切り捨てることは大切な考え方で、必要なことではありますが、自分としては細かいニーズに応えていくことが大切で個人的な喜びですね。

菊池司

我々がつくったものがあるから、明日も頑張れると現場のユーザーに思ってもらえたら最高です。

私は、子供の時の夢はゲームプログラマーでした。ゲームが好きな子供によくある話ですね。(笑)
そう考え、高校・大学と情報系の勉強をしてきましたが、私が大学を出るころにはITは社会インフラの一つになっていました。その頃には培ってきたプログラミングスキルをゲームではなく、社会を支える形で貢献したいと考えるようになりました。redfoxを選んだ理由はそういった背景からですね。

ただ、仕事をしながら気づいた事ですが、ITは使われないと意味がありません。そういった価値観の変化から、今は作る事より、どう使ってもらえるか、という点にフォーカスしています。
だから、今になってみて改めて自分の夢は、自分が作ったプロダクトがお客様の仕事の役に立ち、お客様に「いいねっ」と言ってもらえること。究極的には我々が作ったもので、「これがあるから明日も頑張れる。」と現場のユーザーに思ってもらえたら最高です。ここまで行くのはまだまだチャレンジが必要ですが、これは技術者としての私の最終的な夢ですね。

CONTACT

お問い合わせ