RECRUIT

採用情報

サービスを通じ、世界に日本の文化を発信していく。

取締役谷垣 主税

谷垣 主税

日本発でグローバルに出ていくプロダクトへ成長させたい。

私の働く使命は、成長です。私にとっての成長とは、周囲に対してプラスの影響を伴った自己成長。これらは、redfoxの社員、パートナー様、お客様を含めた成長になりますし、競合他社も含めての成長になります。redfoxの中で実現したい私の使命は、日本発でグローバルに出ていくということ。つまり日本の精神、品質の良さをプロダクトに込めてグローバルに発信し、世界中の方に我々のサービスを通じて、「日本って素晴らしい。」と思ってもらえるサービスを継続的に発信し続けることです。

会社全体のパフォーマンスを上げ、インパクトを最大化することが私の役割。

私の役割は、会社全体のパフォーマンスをいかに上げるかという視点に立って、その中で自分は日々何ができるのか?ということを考えて試行錯誤を繰り返しながら事業へのインパクトを最大化していくことです。

もうひとつの役割としては、事業部の目の前の課題に留まらず、会社全体の中・長期的な課題を特定し、解決のためのアクションに落としていくことです。そのためには、先見性をもってビジョンを掲げて、組織を動かし、動かす中でどういったカルチャーであれば社員の皆が一致団結できるのか?というベクトル合わせを継続してやっていかなくてはなりません。

社員一人ひとりが仕事に興味を持って、働くことができる環境を作る。

自分自身が人にどう影響を与え、そのことでどう働いてもらえるか?あるいは働きたいと思ってもらえるか?これが、自分のリーダーシップのスタイルを考える上での源泉になっています。社員一人ひとりが仕事に対して何を考えているのか?何を目的にしているのか?まずは、これらを認知、理解することが大切です。その上で私自身は、興味、関心で社員一人ひとりが自律して働くことができる環境を作っていきます。

エンタープライズソフトの領域で、世界に伍していくレベルのサービス、企業に発展させる。

IT業界がアメリカから生まれ、アメリカのIT企業が全世界の成長点を狙うという流れは暫く変わりません。そういったアメリカ発のものは、トップダウンで大きなコンセプトに投資し、グローバル化を進めるというものです。資本市場、労働市場等の違いを考えると、日本の企業が同じやり方をして勝負できるはずはありません。日本は、島国であるが故に、移民を受け入れる機会に恵まれなかったこともあり、教育レベル、従業員レベルが、均一的に高い労働者が分散しています。それが故に、現場にも裁量を与えて、ボトムアップのイノベーションで世界に対峙してきました。クラウド、そしてスマートデバイスやウェアラブル端末などフィールドワーカーのIT武装レベルがとてつもないスピードで上がってきている中、日本の強みであるボトムアップ力を存分に活用し、エンタープライズソフトの領域において世界で勝負できるサービスを継続的に発信していくことを私はリードしていきます。

CONTACT

お問い合わせ