RECRUIT

採用情報

「働くを、もっと楽しく。」の社会実装を進め、社会全体の幸福量を最大化。

開発部長立石 祐将

立石祐将

立石祐将

2019年中途入社
cyzen開発部 部長

■入社の経緯

新卒でIT系のベンチャー企業に入り、toCサービスのPdMやったり、Vtuberのプロデューサーやったり、toB新規事業開発のディレクターやったりしてました。
前職は前職で悪くなかったのですが、そろそろ別のところで働いてみたいなぁと漠然と思っていまして、情報収集程度に片手間に転職活動をしていたのですが、その時に代表の別所に出会いました。
話を聞いてみると、レッドフォックスが目指している世界観は自分の考えともマッチしてましたし、別所の経営者としての魅力というかカリスマが強すぎて、あぁこの人と一緒に働くのはずいぶんと面白そうだなぁと思いました。
話を具体的にしていくと、思っていたより期待されるものが大きかったので一瞬躊躇しましたが、今の自分にこれだけの期待を寄せて任せてくれるところは他に無いと思い、思い切って飛び込みました。
この選択は我ながらナイス判断だったと思います。

■入社後のキャリア

レッドフォックスには開発部の責任者として入社しました。
行っている業務を一言で表すのは難しいですね笑。とにかく開発部に必要なことは何でもやってます。
cyzenというプロダクトの方向性も考えますし、仕様も考えます。他部門との調整もありますし、採用から特許戦略、メンバーのマネジメントも業務の一部ですね。
良くも悪くも自分はコードが書けないので、開発という部分で手を動かすことはほぼ無いです。
手を動かしてくれているエンジニアの皆さんが、正しいところにリソースを向けられる・外乱無く開発に集中できる環境を提供するのが大きな役割の一つだと思っています。

■レッドフォックスで働く魅力

魅力であり働きやすさの根幹でもあるんですが、とにかく一緒に働くメンバーが優秀なことですね。
僕は仕事を進める上で、話が通じなかったり無駄なことで諍いがあったりで仕事が前に進まないのがとにかく嫌いなんですが、その手のストレスがゼロですね。
このフェーズを質の高いメンバーで構成するのはめちゃくちゃ重要なんですが、一方でめちゃくちゃ難しいことだと認識しています。それが出来てしまっているのが凄いです。入社して一番衝撃を受けたのはここです。

今更説明するまでもないと思いますが、一緒に働くメンバーが優秀であればあるほど余計な手間はかかりませんし、どんどんビジネスを前に進められます。結果色んな業務をノンストレスで進めていくことが可能です。これはレッドフォックスで働くことの大きな魅力だと思います。

扱っているビジネスに将来性・独自性があるのも魅力ですね。
cyzen事業はフィールドワーカーの働く現場をIT化していますが、ここの競合はほとんどいませんし、業界的にもIT化は全然進んでいません。
まだまだ手を付けられる市場が大きく広がっています。この領域のリーディングカンパニーとしてやっていく方針を持ち、実行していることは独自の強みでもあります。

レッドフォックスのVISIONである「働くを、もっと楽しく。」が当たり前のように社内の隅々まで浸透しているのも、他社にはなかなか無い魅力の一つだと思います。会社のVISIONを形骸化させずにしっかり浸透させるのは、口で言うのは簡単ですがなかなか出来ることじゃないです。
VISIONがぶれず、浸透しているので、例えば新機能開発時に「この機能は本当に現場で働くことを楽しくさせるか?」という判断軸としても有効に機能しています。

あとは僕の入社の決め手にもなった弊社代表の別所のカリスマ性は推したいですね笑。
是非一度会ってみて欲しいと思います。

■cyzenで、実現したい世界観

レッドフォックスは「働くを、もっと楽しく。」というVISIONを掲げています。これの実現です。
人間、1日の1/3は働くことに時間を充てられているわけでして、この時間が詰まらない・辛いことでの人生に与える損失は甚大だと考えています。
僕は、自分自身もそうですが、社会全体がこの時間をもっと楽しく過ごせるようになるべきだと思っています。自分自身もそうですし、社会的にも人生の幸福量が増大するような生き方、働き方ができれば最高ですね。

残念ながら今は「働くこと≒辛いこと」という認識がスタンダードになっているように感じています。これを健全な形でひっくり返すのがcyzenを通して実現したいこと、世界観です。

■これからの挑戦

大きな話でいくと「働くを、もっと楽しく。」の社会実装をもっともっと進めることですね。レッドフォックスはそれをやれるだけのポテンシャルが充分にあると思います。あとは愚直に実行していくだけ。みんなで幸せになりましょう。

手近な話でいけば、cyzen開発部の環境をもっと良くしてメンバー各位の生産性を今以上に高められる環境を整えていくことです。それが自分に求められる役割でもありますし、「働くを、もっと楽しく。」の社会実装を進めていく上で自分が一番貢献できるところかなと思っています。

CONTACT

お問い合わせ