NEWS

ニュースリリース

アフターコロナを見据えて、働き方改革について見直しを残業削減やテレワークだけではない、働き方改革の本質とは

ニュースリリース 2020/06/15

新型コロナウイルスの影響でテレワーク導入が広がり、働き方改革が一気に進んだと思われる方も多いのではないでしょうか。しかし、「残業削減」や「テレワークなどの柔軟な働き方」は働き方改革の本質ではなく、生産性アップによる業績向上が不可欠です。アフターコロナを見据えて、1,300社以上の働き方改革に貢献してきたレッドフォックス株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:別所 宏恭、以下「レッドフォックス」)が、オンラインワークショップを開催します。

■開催の背景
私たちの生活はコロナで一変しました。
テレワークや在宅勤務が当たり前になり、働き方改革が一気に進んだと思われている方も多いですが、本当にそうでしょうか?
働き方改革の本質は、残業削減や有給取得率の向上、柔軟な働き方の浸透だけではありません。
「生産性アップによる業績向上」と、「働きがいのある職場作り」の両立をすることで、初めて働き方改革が実現できたと言えます。
アフターコロナと言われる状況の中、働き方改革の本質について見直すべき時期に来ているのではないでしょうか?
今回、レッドフォックスは、特別講師としてワーク・ライフバランス認定上級コンサルタントの一之瀬氏をお招きし、オンライン形式でワークショップを開催することを決定いたしました。

▼お申し込みはこちら
https://lp.cyzen.cloud/seminar_200618
■本ワークショップで学べる事
・働き方改革の具体的な進め方について解説
・課題発見のためのディスカッション
・現場のマネジメントについて意見交換

■詳細
費用:無料
日時:6月18日(木)13:00~15:00
定員:20名(※お申込多数の場合は抽選となります)

・ご用意いただくもの
本ワークショップはオンライン(zoom)で行います。
開催時刻までにインターネット環境のご用意をお願いいたします。
申込URL:https://lp.cyzen.cloud/seminar_200618

■登壇者プロフィール

一之瀬 幸生
ワーク・ライフバランス認定 上級ワーク・ライフバランスコンサルタント
大卒後、旅行会社に入社。海外で家庭を大切にしながら働く人々と接するたびに恒常的な長時間労働が慢性化している当時の働き方に疑問を持ち、勝ち続ける組織のためには、残業削減、業務効率化と利益UPの同時実現する働き方が必要とチームセールス、情報共有化、お客様交渉などを進めた。
平成25年、WLBを普及したいとセントワークスに入社。社内推進担当であると共に、WLBコンサルタントとして国、自治体、企業などで研修、コンサルティング等を行っている。
・株式会社ワーク・ライフバランス認定 上級ワーク・ライフバランスコンサルタント
・埼玉県働き方見直し支援・女性活躍推進アドバイザー
・産業カウンセラー

山下 翔平
レッドフォックス株式会社 エバンジェリスト
新卒で日産自動車に入社。役員直轄の経営企画部で国内市場全体の市場分析、販売・収益台数の予測、レポートを行う。
2019年にレッドフォックスに入社。マーケティングマネージャー→エバンジェリスト。マーケティング業務やインサイドセールス立ち上げ、広報、カスタマーサクセス、採用など様々な業務を担当。

CONTACT

お問い合わせ