NEWS

サービス

レッドフォックス モバイルビジネスクラウド「cyzen」報告書機能を活用 ほめ~る(褒め報告)を運用

サービス 2016/09/20

レッドフォックス モバイルビジネスクラウド「cyzen」報告書機能を活用
ほめ~る(褒め報告)を運用
「cyzen」導入企業に成果を褒め合う文化づくりを目指す

〜2016年4月より当社社員に試験的に導入した結果、社員間のエンゲージメントが高まる〜

レッドフォックス株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:別所 宏恭)はスマホの機能を活用し働き方改革を実現するために、簡単な設定で幅広い業務に適用できる次世代型モバイルアプリの「cyzen」(サイゼン)を提供しており、導入実績は医療、コンビニ、戸建、不動産、警備保障、機器メンテ、SFA等で850社以上に採用されています。

レッドフォックス株式会社は「cyzen」の報告書機能を活用して「褒め文化」を社内に根付かせ、社員の志気を高めるために「ほめ~る」を2016年4月から運用してきました。

この結果、これまでは普段見過ごされがちな些細な業務であったり、その場に居合わせた人しか共有できない出来事・・・例えば「会議中で田中さんから自分の業務範囲を超えた素晴らしい提案があり、業務改善に役立った」、「仕事で失敗した時にさりげなく気遣いをもらった」などが、文章と写真で「ライブ共有」ができ、社員間のエンゲージメントが高まりました。

今後レッドフォックスでは、これらの体験を基に「cyzen」導入企業様に対しても、褒め合う文化づくりに向けた活用事例の一つとして「ほめ~る」の利用を提案して参ります。

■企業に褒める文化を根付かせる取り組みとして

日本人は、一般的に欧米人と比較して褒めることが苦手だと言われております。この理由としては、主に3点あるようです。第1に、そもそも自分も上司や仲間に褒められたことが無いので、どうやって褒めればいいのかわからない。第2に、仕事はできて当然だから褒めることが気恥ずかしい。第3に、会社の文化として「鍛える文化」が根付いているので「褒める」ことが憚られるということがあります。

これらの課題に対して、「ほめ~る」は、スマホで報告という業務で利用中の「cyzen」を使った手軽な機能を活用して褒めた事実を即座に送信することで、「褒めたい人」が実際に口に出して褒めることが気恥ずかしかったり、直接褒めることが苦手な場合でも簡単に上司や同僚や部下を褒めることができます。また、これらの情報はグループで共有でき、履歴としても残っていきますので、後で読み返すこともできます。
人間の根源的な欲求の一つに、「承認欲求」というものがあります。もともと一般的に社内にある「叱る文化」に加えて、「褒める文化」も根付くことで、この承認欲求が満たされ、働く人の満足感や仕事に対する愛着が増し、エンゲージメントへと繋がる世界を「cyzen」は目指します。

■ほめ~るの仕組

ビジネスクラウド「cyzen」はスマホから簡単に報告書を作成、送信、共有することができます。この報告書機能を活用した「ほめ~る」は、社員のアイディアから誕生しました。褒めたい人は、「ほめ~る」で報告書を作成したのち、グループや社内に情報を「ライブ共有」することができます。
「cyzen」は、報告書のフォーマットを管理画面からお客様自身が簡単に作成することができますので、グループごとに褒め報告のフォーマットを変更することもできます。

home

■cyzenとは

「cyzen」は「現場に最高のエンゲージメントを」をブランドメッセージとしております。レッドフォックスは、「cyzen」を通じて、外で働く人、営業やメンテナンスの方のモチベーションを上げるために、スタッフが自発的に使いたくなるシステムの提供を通じて、働き方改革を目指しています。

■関連URL

https://www.cyzen.cloud/

CONTACT

お問い合わせ