NEWS

ニュースリリース

「GPS Punch! 写真管理」機能が新登場~現場巡視業務支援で安全管理の時間を増やす~

ニュースリリース 2016/04/05

レッドフォックス株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:別所 宏恭)は、地図連動型ビジネスクラウドサービス「GPS Punch!」の新機能として「GPS Punch! 写真管理」機能を2016年4月5日から提供開始致します。
URL:https://gps-punch.jp/contents/photomanage

新機能の「GPS Punch! 写真管理」機能は、スマートデバイスで撮影した写真と地図情報を紐づけ、クラウド上で写真管理ができる機能です。物件ごとの写真管理はもちろん、物件・工程・部位ごとの自動仕訳が可能になることから、1物件あたり1,000~3,000枚の大量の工事写真撮影を行う戸建住宅、不動産、建設、マンション、住宅設備業界などでの写真の仕分け作業時間や、報告書の作成時間の大幅な削減を実現します。このことによって現場監督は、写真管理作業の効率化がなされ、現場巡視業務による安全管理の時間を増やすことができるとともに、残業時間の削減をすることができます。写真データは地図情報と連動しているため、エビデンスデータとしてもご活用いただけます。

また、クラウド上での写真管理を行うため、会社を跨いだ組織間での写真共有をすることができ、業務の効率化、顧客満足度の向上につなぐことが可能となります。「GPS Punch! 写真管理」機能は建築・建設業界を中心に初年度にて100社の獲得を目指し、今後は高速道路や、鉄道、電力、太陽光等の工事、メンテナンスが必要な業界にも提供を進めていく予定です。

 

photomng2

 

■【機能特長①】写真データ×地図情報で工事写真の仕分け時間を大幅削減

スマートデバイスで撮影した写真データは、位置情報に加えて物件、工程、部位等のカテゴリ情報と合わせてクラウド上に保存することができます。撮影時に写真にカテゴリ情報を付与しクラウド上に写真が自動的に仕分けされるため、利用者は写真仕分け業務の負担から解放されます。

 

photomng

 

■【機能特長②】全社内の現場情報の見える化・共有化

スマートデバイスで撮影した写真を含む現場情報は、クラウド上で保存され、どこからでもアクセスが可能になります。このことによって、組織を跨いだ情報共有が可能となり業務の効率化およびROIの向上に繋げることができます。

 

photomng3

 

■「写真管理機能」提供価格

料金:年額 60,000円/10ID 120GB迄(税別)
※「GPS Punch! 写真管理」機能を利用するためには、事前に「GPS Punch!」へのお申込みが必要となります。
※ios版のみのリリースとなります。Android版の提供は2016年6月頃を予定しております。
※機能の詳細について:https://gps-punch.jp/contents/photomanage

■建築・建設業界の業務課題について

建築・建設業界では、写真管理等を含めた事務作業の増大によって、安全に関わる時間が削られ、残業が増えるなどの労働環境の厳しさ、そして人材不足に伴う一人当たりの全体業務負荷増大という業務課題があります。「GPS Punch! 写真管理」機能は、それらの業務課題の改善に取り組み、頭を悩ましている担当者を写真管理にかかる仕分け作業から解放致します。

 
 

■「GPS Punch!」について

「GPS Punch!」は、レッドフォックス株式会社の提供するスマートデバイスにおける最新のテクノロジーを活用して現場の業務を効率化し、結果として利益向上を実現するためのビジネスクラウドです。おかげさまで「GPS Punch!」は750社を超える企業にご利用いただいており、実績NO.1のプロダクトに発展しております。「GPS Punch!」は、企業ユース、イベントユースなど様々な利用方法の世界が広がってきております。
GPS Punch!ブランドサイト:https://gps-punch.jp

本件に関する問合せ先
レッドフォックス株式会社 GPS Punch!事業部 横溝、吉永
MAIL:gps-punch@redfox.co.jp TEL:03-5341-4433

CONTACT

お問い合わせ