VALUES

レッドフォックスバリュー

レッドフォックスは社員と会社が共に成長できる会社を目指します。
「レッドフォックスバリュー」は社員が創造性、協働力などすべての力を最大限に発揮して頂けるよう、行動の基準を定義したものです。
以下のレッドフォックスバリューは社会との約束であり、社員と会社が共に成長するためのエンジンです。

0. レッドフォックスらしく働く
一日一善:他者から感謝されるような「善いこと」を、一日一つ以上実行する
美の追求:美しく、スマートに仕事をする (仕事のアウトプットの美しさ、職場環境の美化、整理整頓、身だしなみ等に気を配る)
ユーモア:ユーモアの精神や笑顔を忘れずに、レッドフォックスでの経験を楽しむ


1. 素早く行動する
主体性・問題意識:業務上の課題を自らの問題として捉えて、主体的に解決する
自発的・自律な行動と自己主張:不確実で困難な状況に直面しても、指示を待たずに、自発的な行動・主張を行う
素早く、期限内に成果を出すことへのコミットメント:スピーディに対応し、期限内に確実に成果を出す


2. 絶対品質を追求する
顧客ニーズの見極めと目標設定(成果・アウトプットの質や基準を含む):顧客ニーズの理解・予測を行い、業務・製品・サービスの目標を設定する
粘り強い取り組み:困難な状態に置かれても、定めた目標を達成しようという熱意や意欲を示す
進捗状況・結果の確認:目標の達成状況を確認し、より高い成果を達成したり軌道修正を行うための具体策を講じる


3. 新しいアイデアや価値を創出する
データ・事実情報の活用と分析:新しいアイデア・価値を生み出すために、データや事実情報を収集し活用する
アイデアの創出:従来とは異なる視点を持ち、新しいアイデアや価値を提案する
イノベーションを引き出すための支援:自ら提案するだけでなく、他者のアイデア創出に貢献する


4. 変化を恐れず進化する
改善事項の特定:成果を生み出すための課題や改善すべき点を洗い出す
判断・意思決定の実行:リスクや不確実性がある中で、適切な判断を下す
改善策の実行と改善度合いの測定・モニタリング:どの程度成果が出たかを測定し、更なる業績向上につながる施策を模索し続ける


5. 社内外の人材を活用する
社内外の人材との関係構築:社内、社外もしくはバーチャルも含め、ビジネス関係、協力関係や提携関係を築く
社内外の人材活用:社内の関係者・社外のネットワークを活用する
チーム開発 (社内だけでなく、社外のメンバーも含めたチーム):協働や効果的な働き方を奨励し、高いパフォーマンスを達成するチームを作り上げる


6. 仲間を大切にし、活気を高める
文化的な違いへの理解 (国籍の違いや、職種間、異なる組織、個人的な文化背景等):風通しが良く差別のない職場をつくるため、相手の文化・価値観と自らの違いを把握する
異質性の受容・他者との融合:個々人や文化の違いを尊重し敬意を持って対応する
状況に合わせたコミュニケーション:状況や相手に合わせて、明確に、自信を持って、うまく情報を伝える (できるだけ、対面・対話等の直接的なコミュニケーションを取る)


7. 成長し続ける
自らの成長と目標設定:自らを向上・成長させ続けるため、成長目標を設定する
経験や他者からの学習・フィードバック:経験からの学習、他者との共有を積極的に行う
将来に向けた人材育成:知識・スキル・能力の開発に努力する。自らの成長だけでなく、他者の成長・育成にも貢献する

CONTACT

お問い合わせ